男性40歳で子供ができないとプレッシャーですよ

 

男性不妊

38歳で結婚しました。私は現在、40歳。妻は5歳年下で35歳。

 

 

私は都内の会社に勤める中間管理職なのですが、やはりいつも忙しい。

 

 

帰るのは毎日12時前。何とか終電までには間に合うからそこが救い。

 

 

しかし、結婚して2年間、そういう生活の繰り返しなので、土日はとにかく平日取れなかった休みをとるために存在する。

 

 

妻の相手はしているつもりだが、それでも週1でできればいいほうで、月に2、3回が限度だ。

 

 

夏には長期休暇

 

毎年夏には1週間の長期休暇をとっている。

 

 

男性不妊

妻と結婚してからは、毎年海外旅行で、今年はバリに行ってきた。

 

 

とはいうものの、飛行機の中では爆睡、現地に到着しても、初日はベッドでゆっくりして、2日目から周囲の散策に出かける程度。

 

 

夜の生活は最後の2日間程度で終わったことに妻は大変不満だったようで、ある意味、成田離婚の様相も呈していた。

 

 

子作りに励んではいるものの

 

男性不妊

結婚してから2年間タイミングを見計らって子作りをしているものの、なかなかうまくいかないのが現実で、もっと若いとすぐにできるのかもしれない。

 

 

でもさすがに歳だし、毎日のハードワークで元気な精子もできづらい。

 

 

男性不妊対策サプリを飲んで精子量を多くしようとしているが、それでも継続して飲まないと効果が出ないみたいで、半年経過してやっと量が増えたなと実感できるようになった。

 

 

妊娠について調べてみたけど

 

妊娠ってどんな感じ?とふと、日本産婦人科学会のホームページを見てみました。

 

 

しかし、この学会にはおよそ妊娠についてまじめに考えているのかと思える内容で、ましてや不妊症のことなんて一言も書いていなかった。

 

 

産婦人科学って、不妊治療については関知しないという方針なのだろうか?

 

 

男性不妊とは

 

男性不妊とは、子供を欲しいと思って子作りに励んでいるが子供ができない状態のことを言う。それが2年間だったのが、最近1年になったらしい。

 

 

この定義の変更は、不妊治療に補助金が出るかどうかに影響を与えるということで、不妊で悩んでいるご夫婦には朗報と言えるかもしれない。